ベローナの二紳士

柿の実がたわわに実り、いろづき始めたみかん
先日秋を感じたばかりなのに 今朝はビューと言う音を立て
木枯らし一号・・・が寒さを連れてやってきた

画像


どっちがほんもの???
向かい風を受けながら、進まない自転車で駅に向かう

今日は埼玉芸術劇場に「ベローナの二紳士」を見に
2カ月も前にチケットを取り、すぐに約束した日時
まさか忘れた訳では??? 待てどなかなか 1人来ない

案の定そのまさかで  余裕をもって約束しておいてよかったね
先に行って食事しているからねと言い起きして
現地で待つことに  30分遅れでレストランに到着

笑顔であえて良かったね! まずは再会を喜ぶ
2時開演に間に合う様に、十分時間を取って劇場に
前から7番目の列 申し分のないポジション

画像


客席と舞台が一体となっている感じに
通路を自由自在にセリフが飛び交う
ひときわ大きな声援に思わず釘づけ

キャーッと言う歓声の先に 今日の主役
ジュリア(女役)の溝端順平君
何てきれいなんだろー・・・ため息が出そう

一つ一つのしなやかな女性をものの見事に
演じ切っていた
今回はぶっつけ本番で本も読まずに来たけど

とても分かりやすく シエークスピアの作品を
ロマンティックそして時にはコメディータッチで
心行くまで楽しませてくれた

最後のカーテンコールはさすがにスタンディングオベーションまで
外に出ると相変わらず強い風が吹いていた
でも心の底まで温まって帰ってきた
画像













0

モネ展

先日(21)午後電車に飛び乗り
上野野美術館にモネ展を見に行った

画像


駅に着くと人の波に誘われて、気がつけばそこは目的地
今日はシルバーデーなので覚悟はしていったものの
わー!!どうしようかしら・・・?

画像


せっかく来て帰るのはもったいない
のまま列に続いてくねくねと長蛇の中に
後から後から切れ目なく続く

押し合い圧し合い少しづつ・・・
やっと入り口に着いた時には
すでに1時間経過

中に入っても人の波がなくなるわけではない
イヤホーン片手にかき分けながら
でも疲れも癒してくれる・・・

画像


最後の睡蓮は、数えきれないほど描いたほんの一部だけど
ゆっくり見たら心落ち着ける時間を感じられそう
前回の時は部屋いっぱいの睡蓮で目を見張ったが・・・

晩年の白内障で苦しんだ絵画
睡蓮をはじめ日本の橋、庭園の池、バラの小道
どれを見ても色彩感覚を失たもの・・・

画像


それはそれで、画家の感覚は、さいたけたものなのかも
今回も見て良かったー。
満足感一杯。又チャンスが有るかな・・・








0

素敵な時間

散歩道で小さな秋を見つけました
朝夕感じる風は、すっかり肌にやさしくなりました
久しぶりに大宮まで歩く

画像


天気に恵まれ所々イベントがにぎやかに・・・
市民の森では緑の祭典が
まだ早かったので会場は準備中

ひときわにぎやか長い列を作っていました
お目当てはこちら 気球の抽選会
当たればこれにトライできる

画像


上がれ 上がれ・・・天高く 青空が似合うね
物凄く大きな音に思わず振り返ると気球が浮いた
凄い凄い・・・と思っていたら  ええー!!こんなもん???

しばらくグリーンロードを歩くと
わー満開のコスモス 今はよくあちこちで見かけるが
摘み取り自由、皆近所の方は持ちきれないほどの花束にして

画像


少し疲れたので第二公園で一休み
此処の銀杏も毎年見事な紅葉なのですがまだまだ早いようです

大宮公園 氷川神社は結婚式あり 七五三あり
お日柄がよろしいようで・・・

画像


博物館に行き少しの日差しと爽やかな風を受けながら
二階の喫茶室 アウトドアでお茶を頂き
二時間ほど本を呼んで時間を過ごす

とてつもなく贅沢で幸せな時間
心行くまで自分を見つめるのにも 
無になれる大切なひと時です

























0

川越

朝の天気に誘われて、思いついたように
そーだ!今日は散歩を楽しみながら
川越に行ってみよう

何の目的もなかったけど
いつ行っても見どころいっぱい、楽しませてくれる
まずは博物館に・・・

画像


歩いて20分くらい、とても静かな所
ゆっくり川越の歴史を
館内のガイドさんが案内してくれて、とても解りやすかった

週末に川越祭を控え、道すがら
沢山のおもてなしの準備ができていました

画像


路地を入ると小さな場所を見つけては
それぞれ手造りの小物を広げてセール中

かわいいお手玉を見つけて買ってみました
ボケ防止にいいかしらね?

画像


時の鐘は沢山の人出

画像


最後は菓子屋横丁で、買い物
甘党の主人にと思ったら、ちょっと買いすぎたかな-

画像













0

新宿御苑

暑い一日でした 4日の日曜日ボランティアサークルの皆で
新宿御苑へ行きました
エコに関するイベントが開かれていた

広場では沖縄の踊りや、四国の阿波踊り
セインカミュウさんのトークショー
田中健さんのケイナの演奏などがあり・・・

画像


片隅のブースで 私たちの生徒さんである韓国青年が
服部料理学校の免許を取得したという腕を
披露してくれた

画像


限定250食はあっという間に売り切れ
丼ものと牛筋の煮込み・・美味しかったです

兎に角この日は暑い 予報では27度だったが
体感温度は30度越え
そろそろ引き上げようか・・・木陰に来ると急に風が涼しい

画像


出口近くにあらー 桜・・・10月桜が可憐な花をつけていた
駅の近くまで歩き、デパートの喫茶室で渇いたのどを潤す

画像


ベトナムの女の子(私が担当)と男の子 中国の方 韓国人
私達ボランチア3人 日本語一生懸命頑張って

日本のお仕事したい まだおぼつかない言葉もあるが
そんな姿に  少しでサポート出来たらいいなー




















0

さよならは突然に!

いつかは来る日なのに、いつまでも来るはずがない
そんな気持ちでいたけど・・・
突然その日が来た

シアトルからの flight attendant のジョンさんが
来月から羽田成田に離着陸拠点変更になり
もう会えるのは難しくなりそうと・・・

この1年、結構皆であちこち珍しい所も
行き慣れた所もご一緒した。
どんな所でも彼は精一杯の気持ちでもてなしを喜んでくれた

寂しいけれど今度はプライベートでゆっくり来てくれたらいいね
ジョンさんもぜひそうしますって笑顔を返してくれた

最後のおもてなしはホテルから(彼は新宿のヒルトンホテルに泊まっている
あまり遠くない所でと考えて巣鴨にした
巣鴨と言えば・・・決まってますよね とげぬき地蔵までの
ぶらり散歩  ジョンさんはこの手のものが大好き

画像


途中宮城県の伝統こけしが展示してあった

画像


あまり時間はないしその後六義園まで歩いた
今日は敬老の日と言う事で全員フリーパス
ラッキー ラッキー    
忘れかけた記憶の中で、こんな感じだったかしら???

画像


ちょうど暑さと疲れもピークに…
此処で予約しておいたレストランに


わー素敵  中庭の緑の木陰が窓際に映えて
静かでゆったりしたおとなの雰囲気 疲れも癒えた

画像


最後にコーヒーを頂いてさよならした
ジョンさんも沢山写真を撮って思い出にしてくれるでしょう。

















0

芸術の秋

心待ちにしていたさいたま芸術劇場の公演
画像


海辺のカフカ
本を読んだけどちょっと難しいねって友達が言った

画像


私も読んだけどとても複雑で
これを芝居でどんなふうに表現するのかしらね??
休憩が入る幕間まで、初めての人はなかなかストーリーが
つながらないかも・・・

村上春樹の小説は最後まで引き付けられる感じで読んでしまう
1時半に始まり4時半まで約3時間
終わってみれば、やっぱりテレビとちがうよねー
それにしても宮沢りえちゃんきれーいね

秋はやっぱり芸術の秋でしょう
又来月も券をゲットした 
今度はシエークスピアのブエローナの2紳士

画像

溝端君の娘役?見ものですよ


またまた楽しみがあっていいね
4人で帰りはお茶タイム
食欲の秋に変わる











0

等々力渓谷

絶好の外出日和 皆 日々の行いがいいわねー!
曇り日の中に時々日差しもさすが
夏の暑さも遠ざかった今日(14日)

前から計画していた東京で唯一の自然の渓谷
等々力に4人で出かけた
珍道中になりそうなアクシデントもあったが、笑い話の思い出に・・・

画像


小さな小さな駅に着くと,渓谷までの案内が路面にペイントで誘導
入り口まで3分程度 足を踏み入れた途端全く別世界
騒音は全くなし、水の音と、木々の間からこぼれ落ちる優しい光

画像


画像


平日なので人影もまばら、ゆっくり自分たちの歩調で楽しめる散歩
此処がテレビで見た不動の滝?

画像


いろいろ見て歩き やっぱり来てよかったねー 実感!
途中洒落た茶屋、若いカップルがスイーツを食べていた

画像


そろそろ私達も食事楽しみながらおしゃべりタイム
下調べはばっちり・・・レストランはネットでチェックして此処と決めてきた来た
川べりから急な坂道を上り そうそう 此処よ

"OTTO"イタリアンでーす
大分席も埋まっていたのですが一番角の特等席?
窓から見る景色はそのものが額縁になりそう

画像


2人づつPIZAのコースとPASTAのコースを注文しシェアー
ワインを注文してカンパーイ
1日の終わりをゆっくり楽しみました
又秋を楽しみにどこかに行こうね

画像














台風の後

先日の大雨による被害で
田舎の姉が心配になり電話したが
大したことはなかったようだ

自然はよろこびも感動も一瞬で状況を変えてしまう
久しぶりに歩いたコースも刈り入れ前の稲穂が
雨 風におしつぶされたように横たわって・・・

画像


でも昨日から続いた青空に
小さく千切れた雲がいくつも浮かび
涼しい風と秋を感じる

画像


先日までの暑さを忘れてしまいそうなほど
素早く入れ替わった季節に
気持ちまで振り回されそう

路地に咲く花が、実り始めた秋の味覚が
見ているだけで、今が9月なんだねって
改めて教えてくれた

画像










0

栗ごはん

蝉の鳴き声も
秋の気配とともに遠ざかり
吹く風が心地よい季節を感じるようになった

画像


先日友達に頂いた栗で
今年初物 栗ご飯を炊いてみました

画像


栗のほっこりした食感と甘みが
口いっぱいに広がり
美味~










  秋

今年も田舎から新米が届きました
画像


高齢者ばかりの村で、大変なのがわかり
断っているのですが・・・
ほんの少しだけよと何時もの言葉

秋の味覚をたくさん詰め込んで
画像

今日は早速頂くことにしよう










0

いつか必ず来るものと心して

心でそっとさよならと
とても大切な友達とお別れしました、
長い長い付き合いでしたが・・・

画像


ここ2~3年色々な出来事があり
精神的にダメージが強かったみたいで苦しんでました。
たまの電話も、いつか会えるまでに元気になるからねって・・・

いまにして思えば、何か力になってあげられなかったかと
無力さを感じます。  
一緒の友達とも久しぶりなのに、話が重くなってしまいました

川崎駅で友達と別れてからの帰り道
40年以上ものお互いの交流を
走馬灯のように思い出して、切なくなり涙が出ました

自分でも随分涙もろくなったような気がします
この仲間は3人になってしまったけど
お互い元気で連絡取ろうね・・・なかなか会えないから

画像
















0

一瞬の宇宙ショー

見ましたー ISS
ほんの5分間だったけど
それは想像以上にゆっくり西の空から北へ・・・

土曜日のサークルで友達の1人が教えてくれた
8月は1/2/3/5日・・・時間帯まで
早速ネットで調べたのだが 1日と2日は天気にめぐまれず

画像


今日はなんとしても見るぞー 
月を背中にして、西から北へ???ピンとこなかったが
とりあえず高台にと思い、建物に邪魔されずに見られる所

そーだ、近くのバイパスにかかっている陸橋がいい
うーんこれは最高 周りに高い建物はなし
ばっちり見渡せる 時間は迫り今か今かと

男の方が通りかかったので、いまね・・・・・って言ったら
ほんとですかー 何時に ー???
結構皆知らないんだなーって
でも時間過ぎているんだけど確かー西から現れて・・・

ああー見て見て・・・あそこあそこー
ほら確かに西からゆっくり移動してるよねー
彼もやっと見つけて 動いてる動いてる、北の方に沈んでいくよー

星の光とあまり変わる無いけど
肉眼で見えるなんて感動です
男性も、有難うって何度かお礼を言って別れた

宇宙から見る地球も感動なんでしょうね

画像

写真はネットからシェアーしたものです。
肉眼で是非見てくださーい






暑気払い

メンバーも年々少なくなり
集まる人数も減ってしまった
こじんまりしていいねーって言いながら少し寂しい

飲めなくなったとはいえ、好きなもの同士
何十年の積み重ねがある
やっぱり必要よねー 年1回の暑気払い

今まで拭きだしていた汗も
グイー!! と一気に、のど越しで感じる冷たさが
夏に満足じて皆を笑顔にしてくれる

画像


おじさん、おばさんのパワーがはじけて
思い出話も、せきを切ったように・・・
くどいようだけど懐かしい

こんな穏やかで楽しい時間
あっという間に過ぎてしまったけど
また来年分かち合えるかなー、同じ時間を同じ友と













走馬灯

昨日クライストチャーチから国内線で北国のロトルアへ
ルーツにモンゴリアンの血を引くアモイ族
今でもたくさんの2世3世の方たちが、
伝統的な物を引き継いでいる。そのうちの一つ

画像


今日は朝早い出発でもう一つの楽しみ
土ボタルの見学、世界でただ一つのホタルのいる鍾乳洞
 
ガイドさんの説明で、
土ボタルは芋虫が天井にへばりついて光っているんですよ
友達があわてて帽子をかぶった。落ちて来ないんですか?

洞窟はとても狭く暗い、地名の ワイ=水 トモ=穴
つまり底の方に川が流れていて
ボートで星空見学の様な物

画像


それはそれは美しい天の川を見るようなもの
真っ暗な洞窟の底に行くとボートに乗り
話をしては駄目 ライトは駄目 ルールに従い ひたすら別世界

約4分間だったけど、夢を見ているようでした
外に出るとスーと入ってくる空気が しんせーん

此処のレストランで食事、バーベキュースタイルで
鉄板の上には美味しそうに焼けたビーフが
でもせっかくニュージーランドに来たのに
1度もラムに当たらなかったわねー 食べたかったのにー

そろそろ旅も終わり・・・振り返れば感動の連続だった
思い出をいっぱいカバンに詰め込んで最後のホテルに向かう
バスの後ろのキャリーカーが妙に滑稽に見える

画像


オークランドは高層ビルが立ち並ぶ大都会
初めてこの国で見る光景だ
日本の4分の3の国土にたった440万人
羨ましい限りです

最後の夜は街中のホテル
今回の旅行はリーズナブルなのに
食べ物、ホテルは大満足

明日の朝は早い、起きられるかしら
最後だけは時間厳守よ
















2日目

此処の夜明けは遅い
8時ごろになりやっと1日の始まり
朝1番窓からテカポ湖を見渡す

画像


今日も上々の天気 少しずつ朝日が雪山を照らす
これから向かうマウントクック
この島で1番高い山3754メートル・・
富士山とあまり変わらない

昨日とは少し景色も変わり
緑の少ない平原をひたすら走り、低い丘を越えると
目の前に開けた視界の中に、美しいプカキ湖

画像


景観を壊すものが何もなく、この辺はコマーシャルや
映画の撮影スポットだそうです
日本の車もここをつかってますよ・・・納得のシチュエーション

そして目的地マウントクックのふもとへ
きれいな笠雲がかかっている 一枚パチリ ナイスショット!!
この雲はずっと動かずいつまでも寄り添っていた

画像


雪道に足を取られながら近くを散歩
久しぶりの童心にかえる 戻りは全く同じ道
昨日はあまりよく見学できなかったのでゆっくりテカポ湖を散策

有名な善き羊飼いの教会は今日は解放されていました
ラッキー 結婚式があったのか、花びらが散っていた
最初で最後かなー 夢で見た場所に別れを告げる・・・

画像


クライストチャーチの市内に戻り
今日の宿は ”ザシャトーオンザパーク”
素敵なホテルです。足音が残り少ない時間を刻む

画像






















0

雪と羊と十字星

夜間飛行で成田から 8時20分着オークランド
降り立った南半球真冬のニュージーランド
目に鮮やかな虹の光がお出迎え

画像


これはさいさきいいかもー
寒いと思ったけど構えたほどでもなかった
でもここはまだ北島 これから寒い南島に向かう???

耳慣れない事だがここは南半球の国
南に行くほど寒くなる。昨日降ったという雪が
遠くに見える山の尾根を真っ白に染めている
家の向きも北向きにしないと陽が当たらないという

画像


世界ふしぎ発見みたい
街はとてもきれいだが、まだまだ2011の地震の爪痕が・・・
とても遅れてがれきの山 建てかけのビルディング

街の中心には犠牲になった人の数だけ
真っ白な椅子が並んだ広場や、
日本の学生さんも犠牲になった場所

画像


私達はまず日本人が作ったという神の教会に
ステンドグラスも華やかな飾りつけもないが
心落ち着ける建物に感激

画像


その後モナベイルガーデンと言うとてもきれいな公園に
街でただ1つだけの川、エイボン川に沿って広がるパーク
川の向こうは高級住宅街

画像


そして夢にまで見たテカポの街へ・・・
何処までも続く平野の様な牧草地
行けども行けども羊の景色ばかり

画像


走る事3時間(約250キロ)着きましたー
兎に角並はずれた交通ルールがある
時速100キロ、電車の線路を横切るとき止まってはいけない

殆どが車社会なので、酒酔い運転 OKと言う事だ
さておき憧れのここはテカポのほとり
まわりの山はすっかり雪景色

画像


夜は最大のイベント、湖畔の高台から
星空観賞・・日本では決して見られないサザンクロス(南十字星)
これですよー ペンライトを星空に向け、十字を切って見せる

見上げた空は満点の星が あまりにも感動的だ
明日も良い天気でありますように
































あさってから

準備は万端
スーツケースは早々に空港行き手配
明後日から友達4人でニュージーランドに行ってきまーす

画像


画像


でも 南半球は今、冬真っただ中
むしむしするこの日本の梅雨時期からは
ちょっと想像を絶する状況です

ニュージーランドの人が
あれこれチェックリストを作ってくれて
トライするようにと言われたけど

私達ツアーで行くので・・・
この時期は星空観測には最高ですよ
やったー

私のいちばんの楽しみは
テカポからの満天の星を見ることが
ずーっと思い続けた夢でした

思いっきり泣けるほどの感動に浸りたいと
ワクワクしてます
こんな景色見れるかなー


画像















0

友人宅

ナビを無視して自分流で走る
随分遠回りになったような気がした

久しぶりに行田の友人宅へ
広い庭一杯に花が咲き、野菜が生き生きと・・・

画像


ベリーの実もこんなに沢山実をつけていた
もうすぐジャムにしてあげるからね
楽しみー

画像


もう一人の友人を呼んでいたので
昼食はご主人と一緒に・・・
近くでお寿司をご馳走になる

友人宅に戻り、話にまた盛り上がる
お腹きついねーって言うほど食べたのに
これは別腹―って言いながら、スイカを2切れペロリ

その後も、ついつい目の前にあるスイーツに手が伸びる
朝10時に来たのに気がつけば4時過ぎ
あわてて帰り支度

何時もご馳走になる餃子を
今日はお土産に頂いた
満足過ぎる1日でした











勢いに乗って

初めてです 門前仲町 
今日はここでサマンサと言うアメリカ人の
コンサート・・? ドキドキしてます

お友達に招待されたのですが(6人)
会場に入って見てびっくり
90% ALT のメンバーの集まり

画像

むんむんした熱気に、いささか違和感を感じ
でもまあこれも経験のうち
めったに味わえないと思い、特等席に陣取る

サマンサの透き通るような声に
ワインも手伝って、吸い込まれるように
とても2時間が短く感じました

画像


アートの部屋で私もフィンガープリントを・・・

画像


美味しそうなチーズが
ワインを後押し

2度と無いと思う一夜の夢物語
両サイド私の先生 左2番目お友達

画像